SSブログ

あら?あらら?あららら? [僕と妻の1778の物語]

早朝覚醒気味が続いております。

一昨日、そこそこ飲みましたが、やはり明け方には目が覚めました。

最近、ブログの管理画面をまともに見ていなかったんですが、朝も早くから家でバタバタ動き始めると家族を起こしてしまうので床の中でノートPCを立ち上げて、久しぶりにゆっくりと管理画面を見ていました。

新規記事作成の際にはその管理画面のトップページには行かなくちゃいけないのですが、全く見ていません(笑)

なので、ソネットブログの事務局からの案内も久しぶりに読んだところ、

「宝箱」が書いた記事にランダムについてくる。
来たお客様がこの宝箱を見つけたら、何か商品がもらえる。

と、随分と端折って読んだだけで、参加登録をしちゃいました。


すると、最初に書いた記事に銅の宝箱が出ている!

その出ているのも、お礼のコメントを頂いて気がつきました。

ああ、商品もらえて良かったですねとお返事しようと思ったら、必ず貰える訳じゃなく抽選でした。

当たるといいですね。

そのせいか、昨日はたくさんの訪問者があったようです。

うーん、何も考えずに設置したけど、そのような結果になるなら本来の趣旨と外れるので参加登録を外そうかと思いましたが、既に応募した方にご迷惑がかかるかも知れないので、期間限定なのでその期間は一応続けます。

なのでnice!もお礼のコメントも要りません。どうぞ、ご自由に応募して下さい。
更によく読んでみると、私のところから応募して当選者が出た場合、私にソネットポイントというのが当たるとのことらしいですが、もし万が一当たったらそれは交換用途の一つにある「あしなが募金」に使います。
私も片親で奨学金を頂きながら大学に通いましたので、そのように使います。

 


管理画面を見て、ひとつ気になったことが。

その宝箱探しの皆様の影で、何かを御調べの為にたどり着いた方がいるようですが、そのキーワードが

「僕の生きる道 映画化」

なんです。

 

え?映画化するの?

と単純に反応しましたが、どうなんでしょうね?

そのキーワードで当ブログにたどり着きながら、私はそのようなことも知らないし、記事も書いていません。おそらく過去の記事の中で「僕の生きる道」と「映画化」が別なところで作用したんでしょうね。

そう考えると、たくさんの方が「僕の生きる道 映画化」で調べているということはどこかにネタ情報があるのかもしれませんね。

 

あ、昨晩「ダビンチコード」が放映されていましたね。
主演はトム・ハンクスさん。

黒澤明監督の「生きる」のハリウッドリメイク権を取ったのがドリームワークですが、主演としてトム・ハンクスさんの名前が挙がった記憶があります。
もしかしたら、そんな流れでしょうか?

私は映画化って、素晴らしいことでもあり、逆に不安もあります。
このブログでも何度かそのようなことを書いています。
もし、ドラマ「僕の生きる道」を映画化するなら、不安が勝るでしょう。
3ヶ月、11話(初回と最終回が延長)の尺で作られたドラマを2時間位の尺にするならどれをカットするんだろう?と考えますね。

ただ、6年前に放映された作品であり、観ていない人もたくさんいると考えたら、ドラマを知らない人達が知るきっかけになるならそれもありなのかもしれませんね。
今は映画とドラマがセットに作られることも珍しくないですが、6年前のドラマが映画化されるとしたら、それはそれで評価されている証拠なのかもしれません。

それとも、道シリーズの延長上としてあのキャスト・スタッフ達が再び集まるのか?


ここまで書いて、検索エンジンを使って「僕の生きる道 映画化」を調べようと思いました。

検索バーのところに 「ぼくのいき」まで入力したところ、予測候補で「僕の生きる道 映画」「僕の生きる道 映画化」が挙がっていました。

やはり、何かが動いているの!?!?!

最後に私は何が正しいのか分かりません。
検索サイトの予測候補に挙がっているなら何かが動いているんだとは思います。

その上で、勝手に妄想するとして、もし映画化するなら「僕の生きる道」ではなく、ラジオドラマの「もうひとつの僕の生きる道 ONLY ONE」がいいかな。
・・・・・・あ、でも今公開されている映画もあるから、それは無いか。

となると「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」と全く違った「道」がいいか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。