SSブログ

僕と妻の1778の物語 ロケ地 ver.2 [僕と妻の1778の物語]

IMG_5259srsize1024.jpg

先日、映画「僕と妻の1778の物語」を観に行き、その中に登場した景色に覚えがあったところについては、かつて撮った写真の中から選んで記事(僕と妻の1778の物語 ロケ地)としてアップしました。

その後、自分の目で確かめに行ったりして何度か追加掲載しました。

また、新しい写真も撮れましたので加筆しようかと思いましたが、滅茶苦茶になりそうなので、ver.2として新しい記事としてアップします。

なるべく映画のアングルに近いものを撮りたかったのですが、何しろ一回観ただけなので、そう巧く行きません。

また、時間の余裕も無かったので記事内の写真は前回の記事と同じものも使わせて頂きます。

 

 

これから先、ロケ地(と思われる場所)の写真を掲載し、その説明も記載致します。

極力ネタばれにならないようにはしていますが、本当に僅かなこともまだ知りたくないという方は、これより先には進まないでください。

IMG_5265rsize1024.jpg

このステップでサクと滝沢が話をしていましたね。(ジャマダヨ・・・)

映画で観た通り、斜め。

一番最初の写真も斜めなんですが、こういった写真の撮り方って難しいですね。

身体が傾きそう・・・。

 

映画の中ではサクが作品を持ち込む出版社の設定。

サクの担当である新美さんが勤める場所。

 

映画を観た時、目が悪くてエンドロールの撮影協力の部分は読めませんでした。

そこに出ていればいいのですが、一応名前と場所は伏せておきます。

勿論、横浜ですが。

写真にも「会社名」と「ビル名」が入っているので画像処理をさせていただきました。

 

ここも、あの辺かなと思ったところ的中でした。(ナゼナナメナノカトカンガエタラ・・・)

 

 

 

 

IMG_5027rsize1024.jpg

根岸森林公園

その中にある円形広場。

そして、特徴的な建物がある景色。

ここは「僕の歩く道」でもロケに使われました。

 

 

 

IMG_5035rsize1024.jpg

まさか、この根岸競馬場一等スタンドが映画の中で・・・・・・・・・・

 

根岸森林公園関連 過去記事

根岸森林公園へ
海を見ていた??
むなしく響く、チリンチリン 
僕道in横浜 
僕の歩く道 最終回前夜 
僕の歩く道 大きな木に逢いに

 

 

 

 

DSC06329rsize1024.jpg

小説のネタが浮かび、サクが観覧車に乗りましたね。

小説なのか・・・それともエッセ・・・・

横浜コスモクロック。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5205rsize1024.jpg

映画の中でサクがよく通るこの道。

まるで茹で卵をよこにサッと切ったような形の鉢植えが特徴的ですね。

ここは日本大通り。

日本大通りでは、他のシーンも撮られています。

 

 

 

 

IMG_5374rsize1024.jpg

予告映像やCM、公式ホームページなどでよく取り上げられるシーン。

サクと車椅子の節ちゃんが歩く道。

 

歩道にあるポールや電燈、そして一方通行の標識で位置が特定できました。

まさにドラマ「僕の生きる道」で中村先生がみどり先生に読まなかった本の話をした場所です。

横浜地方裁判所の北側です。

 

 

 

 

日本大通りにある、有名なレストラン。

そこも登場していました。

IMG_5367rsize1024.jpg

このビルの1階にはアルテリーベとカフェが入っていますが、カーテンを閉めているのはこちら。

滝沢と話をした後、小説を書き続けるんだとやや憤りながら歩いた場所です。

 

 

日本大通り関連 過去記事
続々 横浜夜の散歩2010年春(5)
初めての話 3 
日本大通り 
先生は何をそんなに焦ってるのですか 

 

 

 

IMG_8373rsize1024.jpg

さて、あのアングルで撮影をしていなかったのですが、今まで撮った写真を観れば写っているかもしれない。

今まででしたら、ジャックを撮影すると、ジャックも入りきらない位でしたが、今年購入した広角レンズにはしっかりと入っていましたよ。

ジャックのお隣の建物。

日本大通りで車椅子のせっちゃんとサクが見つけた北海道の大きな木。

ビルの上に巨大な看板がありましたね。

あのビルがジャックのお隣にいます。

 

 

 

 

 

IMG_5279rsize1024.jpg

映画の中で、節ちゃんの為に書いた短編小説。

その一部が映像化されていました。

その中の一つの作品では節子さんが奮闘していましたね。

神奈川県立歴史博物館の前の電話ボックス。

 

 

 

 

IMG_5285rsize1024.jpg

ここには観るのも、撮影するのも絵になる場所ですね。

私も何度も来ていますが、そういやこの博物館に入った事が無かったな。歴史好きなのに・・・

 

 

神奈川県立歴史博物館関連 過去記事
横浜 夜の散歩 番外 横浜三塔 
横浜建築・アート巡り 

 

 

IMG_5277rsize1024.jpg

せっちゃんが勤める銀行です。

サクがお小遣い3万円を下ろしに来ました(笑)

ここは、神奈川県立歴史博物館の目の前。

そう、せっちゃんは勤めている銀行の目の前でスパイ活動を行っていたのです(笑)

 

 

 

IMG_4890rsize1024.jpg

赤レンガ倉庫も、神奈川県立歴史博物館と同様に、節ちゃんが小説の中で奮闘しているシーンで。

 

 

 

 

IMG_8266rsize1024.jpg

映画同様、昼の写真を追加しておきましょう。

普段は公衆電話はありません。ロケの際に設置しました。

 

 

 

赤レンガ倉庫は過去記事がいっぱいある過ぎるので割愛します。
もし宜しければ、左側サイドバーにある特集記事一覧にあるカメラぶらり撮影記事一覧から探してみてください。

 

 

 

 

IMG_7672rsize1024.jpg

ここも同じく、サクが書いた小説を映像化したシーンで登場。

せっちゃんがここにある公衆電話にて、とんでもない報告をいたします。

横浜外国人墓地。

 

 

 

IMG_5663rsize1024.jpg

日中の写真を追加します。

撮影の時のみ電話ボックスを設置しました。

 

横浜外国人墓地関連 過去記事
横浜、夜の散歩~山手~ 
横浜 夜の散歩2010春(1)

 

IMG_5267rsize1024.jpg

横浜アイランドタワー

映画を観た人も・・・・え、どこで登場した?と言われそう。

私も断言は出来ないんですが、観た瞬間ここが思い浮かびました。

そのシーンも、サクが節ちゃんの為に書いた小説を映像化したシーン。

実写では無く、デフォルメされていました。(チシキヤ・・・)

 

 

 

 

 

IMG_5575rsize1024.jpg

節子さんが入院した病院の外観。

中央公園文化センター

ここもロケでよく使われていますね。

 

 

 

 

IMG_5130rsize1024.jpg

国立昭和記念公園 みんなの原っぱにあるケヤキ。

映画ではちょっと合成映像となっていましたが、いい空の色で撮影が出来ました。

合成だからこそ、行ってみないと特定の自信が無かった。それどころか行っても半信半疑だった(笑)

 

 

 

 

IMG_5147rsize1024.jpg

残念ながら、緑の葉っぱが茂っている写真がありません。

また撮りに来たいですね。

 

 

昭和記念公園関連 過去記事
僕と妻の1778の物語 サクとせっちゃんの大きな木(・・・?) 
僕と妻の1778の物語 サクとせっちゃんの大きな木(@立川) 
国立昭和記念公園訪問 ~僕と妻の1778の物語の大きな木を探して~

 

 

 

 

サクと節ちゃんの家

行ってきました。
生活感満天の一般家庭のようなので一眼レフのレンズを向ける訳には行きませんでした。

もし映画を見ただけ、そしてHPに掲載されているような写真を見ただけでは場所は分かりませんでしたが、特番だったかな・・・、撮影風景でスタッフさんが沢山写ったところで・・・・特徴的なものを発見。

もしかしたら、と思っていました。

ちょっと探しましたが、見つけました。

門柱にはロボットは置いてありませんし、障子も無し。

場所は横浜ではありません。

 

 

2011年8月15日最終更新


nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 10

maeboo.

記事内に、映画「僕と妻の1778の物語」に登場する『サクと節ちゃんの家』について追記しました。
by maeboo. (2011-01-23 16:46) 

maeboo.

記事内に、『節ちゃんが入院した病院』のロケ地を追加しました。
by maeboo. (2011-01-29 17:21) 

maeboo.

記事内に、北海道の大きな木の看板が掲げられていたビル、節っちゃんの勤めていた銀行、および劇中に登場した赤レンガ倉庫と外国人墓地について、映画と同じように昼間の写真をつけたしました。

尚、新たなロケ地訪問ではなく手元にある過去の写真から引っ張り出した為、今現在と異なっている可能性があります。ご了承ください。
by maeboo. (2011-08-15 00:13) 

sk

はじめまして。僕妻ロケ地の情報を探していて、こちらに辿り着きました。
とてもわかりやすい上、映画のシーンを思い出させてくれる素敵な写真がたくさんで感激です!
実は、遠方の草なぎさんファンの方が今週末いらっしゃるので(私自身も役者草なぎくんの大ファンです!)、横浜のロケ地を案内しようと思っております。
時間的に、根岸森林公園は決定、あとは日本大通りと赤レンガ倉庫(週末は人が多いので雰囲気出ませんが(汗))とみなとみらいと考えています。
日本大通近辺は、私が働いていたこともあり僕の生きる道や僕妻でもたくさん出てきたのでわかるのですが、実は、僕妻で出てきた出版社のビルが今ひとつわかりません。
こちらに写真がありましたが、ビル名が伏せてあるので、もしよろしければお教えいただけないかと…。。
勝手なお願いで申し訳ございませんm(_ _;;m
あのビルは私も坂があるのでもしかしたら…、と思う場所があったのですが、彼女を案内するのが今週末なのでなにぶん時間がなく検証しに行くことができないのです。
ビル名をお教えいただくのが難しいようでしたら、何かしらのヒントをいただけるとありがたいです!
本当に身勝手ではありますが、どうかよろしくお願いいたします。
by sk (2011-09-08 01:04) 

maeboo.

skさん、はじめまして

横浜には「坂」も多いのですが、映画内の前後の繋がりをみると、そばに「橋」があるんです。
橋によっては傾斜が出来るんですよね。

滝沢と言い合いをして、立ち去る際に引いた映像があって、ちょっとだけコスモクロックが映っているんですよ。

ビル名は書きませんが、場所は他の記事で紹介していたんですよ。
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2011-07-09-1


他には

2011年睦月 日本大通り周辺散策(2)
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2011-01-25-1



2011年睦月 日本大通り周辺散策(3)
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2011-01-27

と分割していましたが、この(2)と(3)のつなぎ目が目的地ですよ。




2011年2月 横浜を眺める(2)
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2011-02-20-3
こちらの一番最初の写真。右端の中段よりやや下の方にそのビルが映っています。

では、楽しい週末をお過ごしください。



by maeboo. (2011-09-08 05:07) 

sk

maebooさま
早速ご丁寧な返信をありがとうございました!

ほかの記事をきちんと拝見すればわかったものを、あわてて書き込んでしまって申し訳ありませんでした。

ご親切に感謝いたします。

日本大通りやこの近辺は、秋が深まったころが雰囲気があってさらに素敵ですが、友人にも散策を楽しんでもらえたらと思っております。

本当にありがとうございました。
by sk (2011-09-08 12:48) 

maeboo.

skさん、こんばんは

ところで「さまづけ」はやめましょう。背中がかゆくなります。


2000以上記事がありますので、何がどこにあるなんて、分かりませんよね。

あまり時間が無いようですがご参考までに


僕と妻の1778の物語の記事一覧
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2011-01-16-4


ちょっと古い記事ですがシリーズのロケ地(横浜編)

僕道 in よこはま
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2007-04-01-1


僕の生きる道 記事一覧
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2007-01-08




根岸森林公園は「僕の歩く道」のロケ地でもありました。

僕の歩く道 ロケ地
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/archive/c15369043-1


僕の歩く道 記事一覧
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2006-12-09-6




では、何かありましたらまた聞いてくださいね。

思い出した時、お暇な時にでもまた当ブログにお立ち寄りください。


by maeboo. (2011-09-08 21:39) 

maeboo.

もう随分前のこと、久しぶりに横浜の万国橋界隈を車で走っている時に気がつきました。

この記事の一番最初に掲載している写真、この映画だけでなく色んな映画に登場した万国橋ビルが取り壊されていました。
今まで幾度も経験したことですが、ちょっと寂しいですね。
by maeboo. (2013-10-01 23:25) 

CYPRESS

maeboo..さん、
この「根岸競馬場一等スタンド」って、
清水ヶ丘公園から見えますね。
公園のシンボルツリーでもある我等の(笑) 「痛ぇの木」、エノキから左を見ると、
特徴的な「三本の塔」がハッキリ、クッキリ見えます。
Googleマップで調べると根岸森林公園まで、直線距離だと近い(@_@)。

さて、色々な縁が働いた様で、実は引越し先が清水ヶ丘公園から徒歩10分程の所なんです(@_@)。
去年の年末に引越してから5回は行ってます(笑)。

2006年に広末涼子+草剪剛版『愛と死をみつめて』を観て以来、色々な縁と繋がり驚いています。
例えば、
『愛と死をみつめて』関連でmaeboo..さんと知り合い、『僕の生きる道』を教えてもらいました。
ロケ地の一つが清水ヶ丘公園であるのも教えてもらいました。
「エノキ」は中学の時の親しかった友人の名字(@_@)。
清水ヶ丘公園があるのは横浜市南区。
私が最近好きなのが明治の超絶技巧の工芸品で、その中の一人が宮川香山。
かつて工房があったのが横浜市南区(@_@)。
引越し先で条件が合ったのが、何と、清水ヶ丘公園の近くだった(@_@)。
(また、引越し屋さんの営業の方の妹さんと出身校が同じだった(@_@))

今回の引越しでも他にもあるんですが、身元がバレるんでパス(笑)。
50年前に住んでいた所にも遠くないし、50年振りに横浜市民に復帰(笑)。

こういう不思議な縁を楽しめるのは歳を取る事の特権で、歳を取るのもそれ程悪くないし、生きるのはかように面白い(^o^)。


by CYPRESS (2018-01-07 03:36) 

maeboo.

CYPRESSさん、おはようございます。

驚きました。
清水ヶ丘公園から根岸森林公園まで直線距離で2kmも無いとは、各々訪れておきながら、原則ストレンジャーなので想像もしておりませんでした。


なるほど、2012年に訪れた際の記事にUPした写真を見るとしっかりと映っていました。
http://syosaiyojohan.blog.so-net.ne.jp/2012-07-16

5枚目、6枚目(ギリギリ葉っぱで隠れている)、8枚目の写真に。


そしてお引越し、生きていれば出会いと別れ、再会。
縁ですね。
横浜か・・・、最近行っていないな、仕事でも私事でも。
中華街の愛群にも。海員閣もいったん閉店しているらしいし、行きたいと思ったら出来る範囲で行動しないといけませんね。

「やってみましょう」

あ、誰かの声が聞こえてきた。

by maeboo. (2018-01-07 08:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。