SSブログ

そうだ、京都へ行こう(8) 高台寺 その2 [紀行]

IMG_6679_1600.jpg

高台寺さんを拝観中。

偃月池に架かる渡り廊下と観月台。

 

さあ靴を脱いで、書院に入ります。

もちろん、撮影禁止。筆記もNGです。

いっぱい、色んなものを見ているのですべて記憶することができない。

残念。

 

 

書院の中は薄暗く、幽霊図など外の提灯のデザインとは対照的におどろおどろしい。

 

書院から方丈へと見学ルートが続きます。

方丈内も撮影禁止。

方丈前庭もお手入れ中。

 

方丈は開放感があり、休憩されている人もいます。

くるっと廻って、方丈と書院を結ぶ渡り廊下へ。

ここで靴を履き、再び外へ。

 

 

 

 

IMG_6681_1600.jpg

さっき見た方丈前庭を横から眺めます。

手入れをしているようで業者さんが作業していました。

 

 

 

 

IMG_6682_1600.jpg

右側の建物が方丈。

先程まで私はあそこに立っていました。

 

 

 

一旦外に出て、

 

IMG_6683_1600.jpg

中門から開山堂に向かいます。

 

 

 

 

IMG_6684_1600.jpg

高台寺第一世住持、三江紹益禅師を祀る塔所。

高台寺さんで最も古い建築物(1605年)

堂内は撮影禁止。

ここでもガイドさんが懇切丁寧に説明してくれます。

 

 

 

 

振り返って中門を眺めます。

 

 

IMG_6693_1600.jpg

 

 

 

 

右の方を見てみると

 

 

IMG_6686_1600.jpg

さっき見学していた書院(右)と方丈(左)。

方丈では先程から休憩されている人たち。話が弾んでいるようです。

 

 

 

 

左側を見ると

 

 

 

IMG_6690_1600.jpg

開山堂と霊屋を結ぶ、渡り廊下というか階段か。

その姿が龍の背に似ているので臥龍廊と呼ばれています。

 

 

 

IMG_6695_1600.jpg

開山堂と臥龍池。

 

 

 

 

ここから少し歩きます。

 

 

 

 

IMG_6697_1600.jpg

臥龍廊で開山堂とつながっている、霊屋 (おたまや)

秀吉とねねを祀っているところ。

実際にここがねねが葬られている場所でもあります。

さあ、向かいましょう。

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。