SSブログ

そうだ、京都へ行こう(8) 高台寺 その3 [紀行]

IMG_6699_1600.jpg

高台寺さんを参拝しています。

こちらが霊屋(おたまや)。

 

ここにも案内係の方が立っていて、説明を実に丁寧にしていただきました。

暑いのにご苦労様です。

ここがねねの墓所です。

勿論、撮影禁止ですが内部を拝見しつつ背後から説明を受けました。

秀吉とねねを祀っています。厨子内左右に秀吉とねねの木像を安置しています。

高台寺蒔絵と呼ばれる装飾が施されています。

ねねの木造の真下にねねは眠っています。

 

 

 

IMG_6700_1600.jpg

臥龍廊を霊屋より見下ろした様子です。

結構、急だったんですね。

 

 

 

 

IMG_6702_1600.jpg

さあ、見学コースに沿って歩きます。

・・・・・・ああ、ほんとに広いなぁ。

暑い。

 

 

 

 

 

IMG_6703_1600.jpg

見えてきたのが二つの茶室。

まずは傘亭。

伏見城からの移築と言われており、千利休の作とも。まあ、それは年代の矛盾もありますが・・・)

 

 

 

 

IMG_6706_1600.jpg

なかには入れないので写真はこれが限界。

傘のような放射状に竹で組まれています。

 

 

 

 

IMG_6709_1600.jpg

 

 

 

 

 

その傘亭とつながっているのが

 

 

IMG_6704_1600.jpg

時雨亭。

 

 

 

 

 

IMG_6710_1600.jpg

珍しい二階建ての茶室。

こちらも伏見城からの移築、千利休の作と言われています。(時雨亭同様に時代の矛盾あり・・・伏見城建築は利休の死後)

 

 

 

 

IMG_6716_1600.jpg

さあ、これで施設の見学は全て終わったかな。

高台寺の美術館がそばにあるらしい。どうしようかな。

 

 

 

 

IMG_6718_1600.jpg

竹の間を抜けて、緩やかな坂を下ります。

 

 

 

 

その竹の中で左を見ると

 

IMG_6719_1600.jpg

観音様の横顔。

 

 

 

 

実は京都霊山護国神社の前を通り、高台寺さんに向かう時から見ていましたが・・・

 

 

IMG_6720_1600.jpg

霊山観音様。

 

 

 

 

さあ、高台寺さんをしっかり拝見しました。

次はどこへ行こう。

お腹も減ってきた(笑)

 

ああ、とりあえず自転車も回収しないと(笑)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。