SSブログ

そうだ、京都へ行こう(13) 南禅寺 その2 [紀行]

IMG_6797_1600.jpg

京都を自転車で巡っています。

訪れているのは洛東の南禅寺さん。

絶景かなの三門や国宝の方丈を見たあと、実は一番興味のあった場所へ。

 

 

 

IMG_6799_1600.jpg

紅葉のシーズン、必ずと言っていい程ここの写真が使われますね。

ホント、紅葉の季節に来たいなー。

 

 

 

IMG_6801_1600.jpg

お寺さんの中にレンガ造りのアーチ型水道橋。

違和感がありそうな組み合わせながら、見事に溶け合っている。

 

 

 

 

IMG_6802_1600.jpg

琵琶湖疏水の水路閣。

琵琶湖の水が京都まで引かれています。

水源利用だけでなく、発電、水運に利用され、かつその大規模事業自体が焼け野原になり、遷都してしまった京都を復興させる方策でもありました。

 

 

 

IMG_6803_1600.jpg

で、南禅寺の水路閣にて

水しぶきを上げて流れている。

疎水から漏れているのか、全く関係ないのか分からないけど(笑)、暑い暑い暑い京都の午後。しぶきが体に飛んできて涼しい。

ああ、離れたくない~。

 

 

 

IMG_6804_1600.jpg

ああ、ずっと串刺しにして眺めていたーい。

 

 

 

 

 

という訳にも行かず

 

 

 

 

IMG_6805_1600.jpg

撮る!

 

 

 

 

IMG_6806_1600.jpg

また、撮る。

あ、向こうまで行くと道との高低差がなくなりそうだ。

行ってみよう。

 

 

 

 

IMG_6824_1600.jpg

 

 

 

 

IMG_6825_1600.jpg

しかし、いい味出ていますよね。

 

 

 

 

IMG_6826_1600.jpg

水路閣、水道橋の上はこんな感じ。

 

 

 

 

反対方向は

 

 

IMG_6828_1600.jpg

京都や滋賀にはこのようなレンガ造りの施設が沢山残っていると言います。

大きな事業だったんですね。

 

 

 

 

IMG_6831_1600.jpg

さて、お気づきの方も多いでしょうが・・・

 

 

 

 

IMG_6832_1600.jpg

そうロケ地で度々使われる場所。

犯人が逃げ込んだり、名刑事や素人探偵が謎解きをする場所。

このアーチの影で見え隠れする、姿と心情(笑)

 

 

 

さて、水路閣の向こう側、高い場所にもう一つ見学したい場所があります。

行ってみよう。

 

 

つづく

 

 


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 5

saki

自転車でまわるのは良い方法ですね。
機会があれば、参考にします。
お盆は休めましたが、今月までは頑張らないと。
来月は少し解放されるでしょう。
まだまだ暑い日が続きそうです。
by saki (2012-08-17 18:35) 

けんけん

maeboo.さん

しっかりとプランを立てられておられたようで、いろんな制限がある中、多くの神社仏閣を回られたようで・・・うらやましい限りです。

素晴らしい写真の数々を拝見していると訪れたことがある場所なのですが、こうやって、きれいな写真として拝見すると新たな感動を覚えます。

炎天下の中、電動自転車を利用されたと言いつつ、ここまで多くの場所をサイクリングで回られたのは・・・脱帽です。わたしは無計画で行くパターンばかりなので・・・ほんと、尊敬します。

by けんけん (2012-08-17 23:13) 

maeboo.

sakiさん、おはようございます。
自転車もケースバイケースだと経験して分かりました。
このブログを読んで自転車利用を考える人がいるかもしれないので、後で自転車利用の雑感はまとめたいと思います。
お仕事ではしばらくハードのようですね、暑いのでお気を付けください。
涼しい秋が待ち遠しいですね。

けんけんさん、おはようございます。
プランは立てましたが、結果行き当たりばったりですね。
まあ、プランを立てていたからこそ修正が可能となったのでしょうが。
私の日焼けはやっと落ち着きました(笑)
by maeboo. (2012-08-18 06:02) 

saki

けんけんさんは、大切な日にはコメントされると思っていました。
なかなか関西にも行けませんが、機会があれば、次回は少しは時間に余裕が欲しいなあ。
オリンピックも終わりましたね。
選手も素晴らしかったけど、開会式、閉会式もさすがイギリスでした。
東京オリンピックに生まれましたが、二回目が開催される可能性はどうでしょう。
まあ、開催地はどこでも、素晴らしいと記憶に残るオリンピックであれば。
by saki (2012-08-18 16:03) 

けんけん

sakiさん

ご無沙汰しています。
折角、コメントを頂いていたのに、すみませんでした。

タイムリーにアクセスできなくて・・・タイミングがずれてばかりですね。

東京オリンピック・・・そうですね。
この閉塞感を打破するためにもいい機会になるかも知れないですね。
by けんけん (2012-08-25 09:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。