SSブログ

そうだ、京都行こう・・・とすると雨 (2)東福寺臥雲橋 [紀行]

IMG_9834_2400.jpg

東福寺、臥雲橋より天通橋方面を眺めます。

まずは折りたたみ傘を畳もう。

ああ、傘を持ってカメラを構えるのは大変。

ただでさえ光量が少ないので、カメラを安定して構えられないからぶれるんですよね。

しかし、臥雲橋は屋根がある。

ああ、ほっとする。

 

 

 

 

時系列がずれますが、渡りきって振り返るとこんな感じ

IMG_9845_2400.jpg

江戸時代末期、1847年のもの。

注意喚起の看板がありますが、火事だけでなく振動にも注意が必要です。

 

 

 

 

IMG_9841_2400.jpg

下を見ると水が流れています。

ああ、橋だから当たり前か。

 

 

 

 

 

IMG_9842_2400.jpg

紅葉の頃は綺麗なんだろうな。

この臥雲橋から天通橋への眺めは京都の紅葉の名所のひとつ。

人出が多そうですが、同時に臥雲橋に乗れる人数について制限があるのだろうか?

 

 

 

 

 

IMG_9844_2400.jpg

この渓谷、洗玉澗(せんぎょくかん)と言います。

さあ、あの天通橋へ行こう。

 

 

 

 

 

IMG_9846_2400.jpg

臥雲橋を渡り、しばらく境内に沿って歩きます。

 

 

 

 

IMG_9848_2400.jpg

日下門より入ります。

 

 

 

 

 

IMG_9849_2400.jpg

正面に仏堂が、右側には禅堂が見えます。

 

 

車は日下門を通り、かなり送まで入れます。

 

IMG_9851_2400.jpg

この渡り廊下が通天橋へと続きます。

通天橋の拝観受付はここではなく、もう少し左側にあります。

庫裏の前では何か催しがあるのかな?

 

 

 

東福寺さん。

奈良の東大寺の「東」、興福寺の「福」の字を取って名付けられたお寺さん。

まあ、とにかくすごい。

訪れるまで、こんなすごいお寺さんだとは知らなかった。

通天橋の景色もそうだけど、このお寺さんが今回の旅の絶対条件になったのはお庭。

去年末の京都旅行で訪れた瑞峯院さん。

大徳寺の塔頭で大友宗麟の菩提寺です。

そこで拝見したお庭。

重森三玲さんが作庭したもの。

そして、彼の代表作の一つがこの東福寺さんにもあります。

ああ、楽しみ。

 

 

でもまずは、通天橋へ。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。