SSブログ

そうだ、京都行こう・・・とすると雨 (29)おやつの時間 [紀行]

DSC_1278_2400.jpg

8時過ぎに京都駅に到着し、これまで全ての移動手段は徒歩。

去年の京都訪問でも歩いたけど、今回はそこまでは歩いていない。

しかしながら、止みそうで止まない雨と、4本のレンズが入ったカメラバッグがジワリと体力をそぎ取っている。

何か京都らしいものをと、最初はお店選びのコンセプトを持っていたけど、京都らしいというのがなかなか浮かばない。

にしんそばが頭に浮かぶけど、にしんぞばはあまり好きじゃない。

と、わがままを言っているうちにどんどん昼ごはんを食べるタイミングを失い、今に至っています。

 

二条城へは時間のこともあるので地下鉄を利用としようと思い、地下鉄東西線の東山駅の方へ。

そこまで来ると、サーっと雨が強くなってきた。

交差点の向こう側にお店が見える。

いや、お店というよりビールの取り扱いがあることが目に入ってきた。

もう、迷わない。

 

 

 

 

お店に入ろうとすると扉の向こう側で外国人のファミリーが見える。

どうやらお会計中。

子供が満足そうな顔をして、こっちを見ている。

 

ビールだけでなく、ランチメニューも書かれている。

よく見てみよう。

店構えは和風。

敷居は高そうではなく、メニューを見ても、何となくファミレス感もある。

中に入ってみると、外観と変わらず落ち着いている。

評価がしづらいところ。

 

そとで見たメニューだとハンバーグなどのセットが多いが、目に飛び込んだのが本日のランチ。

 

揚げ出し豆腐丼。

 

 

お、去年の京都散策では嵯峨嵐山に行き、そこは豆腐が有名でした。

おそらく、ここの揚げ出し豆腐はその嵯峨どうふを使っていないとは思うけど、自分の中で「京都らしい」をギリギリつなぎとめるような気がした。

そして、揚げ出し豆腐ならビールのつまみにもなりそうだし、多少疲れた体には優しそうに感じた。

 

揚げ出し豆腐丼って、食べたことがない。

普段の生活圏では見かけないと思う。

だけど、文字ヅラからお丼の様子は想像がついた。

 

 

ビールを飲みながらその揚げ出し豆腐丼がやってくるまでの間、店内を見渡す。

時間は午後3時頃なので、ランチには遅く、夕食には早い。

店内にいる客は若い夫婦と男の子が一人。

あと、女性二人連れ。こちらは旅行客ではなく、地元の人のよう。

子供はやっぱりハンバーグを食べている。

私が待っている揚げ出し豆腐丼を食べている人はいなかった。

 

注文から5分後位にビールが到着。

すぐに飲みたいけど、揚げ出し豆腐をつまみにするつもりだから、早すぎても駄目。

ああ、なんて我侭なんだと思いつつ、ビールが到着してから5~6分。

厨房から店員さんがやって来た。

 

お、普段揚げ出し豆腐丼を食べない私が想像しているより、それよりも美味しそう(笑)

 

DSC_1279_2400.jpg

揚げ出し豆腐と餡は想像通り。

おかかは想像以上の量でたっぷり。

そして、刻み海苔は想定していなかった。

 

で、実は揚げ出し豆腐の下には湯葉が敷いてあります。

 

 

 

 

DSC_1280_2400.jpg

小鉢で残りのビールを飲み干して、冷めないうちに揚げ出し豆腐丼をおさじで食べます。

 

優しい。

 

よかった。

 

もうひと組、お客さんがやって来た。

アジア系の女性二人組。

 

日本らしいものをと思ったのか、私が食べている揚げ出し豆腐丼を見て、お二人共、揚げ出し豆腐丼をオーダーしていました。

 

うむ、まったり。

 

体力回復。お腹も満たされて、さあ地下鉄に乗って二条城へ行くか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。