SSブログ

そうだ、京都行こう 2015盆(18)重森三玲庭園美術館 その4 [紀行]

IMG_1241_3200.jpg

茶室の説明の後、お庭の説明の補足があり、三々五々解散となります。

でも、実際には皆、写真を取ったり、質問を館長にしたり。

私にはちょっと理解が出来ない庭園に関する質問もあり、ほぼ即答される館長。

美術であり、学問であり、宗教観でもある庭園。奥が深い。

こちらは書院の目の前のお庭。

三玲氏がここに住む前から平たい石はあったそうです。

私もちょっとお庭の本を買おうかどうか迷って、少し立ち読みしましたが、この平たい石の区別も難しい。(あああ)

礼拝石。

ここに立って、礼拝を行う為の平たい石。

座禅石という平たい石もありますが、そちらは座禅を組んだり行の場所。

 

礼拝石と言えば、この金地院さんに行った時にも拝見しました。

あのお庭で礼拝石に立ち、奥にある東照宮を礼拝した。

 

それ以外の石は全て三玲が見立てて持ち込み、組み上げました。

 

IMG_1238_3200.jpg

舟石です。

枯山水庭園は本物の水を使わずに「水」を表現します。

舟と見立てた石があるという事はそこは海だったり、川であったり、池なのです。

砂に描かれた文様は波であったり、水の流れなのです。

 

 

 

IMG_1204_3200.jpg

茶室の前から見たお庭。

お庭自体、L字型をしておりますが、書院からの風景だけでなく茶室からのお庭も見ごたえがあります。

 

 

 

 

IMG_1206_3200.jpg

苔も砂も石畳も美しく、モダンであり、伝統的。

元々は吉田神社の社家の敷地。だからお庭に祠があります。

 

 

 

IMG_1221_3200.jpg

すだれを巻き上げる道具。

 

 

 

 

IMG_1224_3200.jpg

お庭って、目線を変えるだけで全く風景が変わります。

座って見るものは立って見るより座って見る方がいい。

書院や茶室にいる目線で見てみる方が、三玲らしくダイナミックな庭に見えます。

 

 

 

 

 

IMG_1242_3200.jpg

三玲さんの奥様は桜が好きだったそうで、このお庭にもシダレサクラが植えられています。

 

 

 

 

IMG_1249_3200.jpg

この日のメインディッシュを頂きました。

訪れる前に思い浮かべていた敷地の広さより、少し狭いのかと思いましたが、その分濃縮された三玲さんのエッセンス。

夏の暑さを忘れるような小一時間。

いい経験をさせて頂きました。

そして、重森三玲さんが手がけたお庭、またどこかで出会えたらいいな。

 

さあ、お盆の京都弾丸ツアーも中盤戦へ突入です。

忘れていた夏の暑さ、お庭を出たら速攻で思い出しました(笑)

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。